第1回 FC-Cubicオープンシンポジウム

 国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構様(以下、NEDO)との共催、経済産業省様、燃料電池実用化推進協議会様(以下、FCCJ)の後援の下、燃料電池に関する産業界の技術課題を共有し、その解決のために幅広い知見を結集することを目的として「第1回FC-Cubicオープンシンポジウム」を9月4日(金)にオンライン形式で開催しました。双方向通信で約70名、ストリーミング配信で延べ1700名超のご参加をいただく中、各講演それぞれに活発な意見交換が行われました。また同時開催として組合員企業によるオンラインのポスターセッションも開催し、こちらも多数のアクセスをいただきました。

FC-Cubicでは次回以降も皆様からのご意見、ご要望をいただきながら、水素関連技術・燃料電池技術のオープンコミュニティーを実現すべく、シンポジウムを開催して参ります。
既に告知の通り第2回として「水素貯蔵と関連技術」を10月27日に開催する予定で準備を進めております。9月末のご案内を予定しておりますので、是非皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらから